‘月刊にいがた’ カテゴリーのアーカイブ

永久保存版

2017 年 5 月 23 日 火曜日

お披露目です。

 

月刊にいがた6月号

 

記念すべき通巻500号

それにちなみ、驚異の500メニュー!

 

「永久保存版」

中をチラッと見ていただければ、わかる内容だと思います。

笹団子の食べくらべ、フレンドとみかづきの『イタリアン』の違いとは?

また、今や新潟のご当地グルメとして全国的な知名度を誇る

鳥の半羽揚げも見開きで6品紹介!

腹減った~~!!!!

 

 

さらに、51の店にご協力いただきまして、

5月25日~7月24日までの期間限定で

月刊にいがた500号おめでとうメニュー

を作っていただきました!

ぜひ誌面で確認していただき、お店に足を運んでみてください!

 

 

 

 

 

さあ続きまして、2か月に一度の発売

Pas magazine 6と7月号

表紙です

 

すがすがしい!感動した!

青い海と空を感じながら、今年の夏は島を満喫してみませんか?

小学生の修学旅行、佐渡にいってないな~なんて方には

佐渡の景色が新鮮に映るはず。

また、粟島にはいったことがない!なんて方、

きっと多いのではないでしょうか。

 

「島流し」なんてマイナスな言葉はもう古い。

粟島にも、佐渡にも、

“ナウい”カフェやゲストハウスがあるんです。

 

今年の夏は、青い空と海に包まれて、島を満喫してみませんか?

 

 

 

片岡

きっかわ直営の食事処がオープン

2017 年 5 月 19 日 金曜日

5月25日には記念すべき500号「月刊にいがた6月号」が発売いたします^^(もしかすると、5月22日にはフライングで発売しているかも?)

 

超ボリュームな特集はもちろん必見ですが、

私からは新しくオープンしたお店をまとめたタウンニュースから、

おすすめのお店をご紹介!

 

村上の鮭を使った、さまざまな加工品を手掛ける
「千年鮭 きっかわ」さん直営の
「千年鮭 井筒屋」さんです。


こちらの自慢はなんといっても、きっかわ自慢の鮭加工品を使った料理が食べられること!


↑イチオシの『塩引鮭 お茶漬御膳 鮭料理4品』(1,728円)は
さまざまな鮭料理をおかずに&最後はお茶漬けにして食べるのでご飯のおかわりは必須です。(3杯までおかわり自由。嬉しい!)ちなみにご飯も関川村で栽培されたおいしいコシヒカリなんですよ~

 

おいしいご飯はきっかわさんの鮭と相性抜群。写真は塩引き鮭ですよ~

気がつくと茶碗が空になっているやつですね~♪

ぜひ注目を!

編集部/サンリオキャラクター大賞ではKIRIMIちゃん.に頑張ってもらいたい高橋

Noism1公開リハーサルに行ってきました!

2017 年 5 月 18 日 木曜日

5月26日(金)~28日(日)にりゅーとぴあ・劇場にて、

りゅーとぴあ専属ダンスカンパニー・Noism1の最新公演が開催されます。

今回は新作『Liebestod―愛の死』と

レパートリー『Painted Desert』の2本立て。

1回で2度楽しめる、お得な公演です!!

 

本日、新作『Liebestod―愛の死』のマスコミ公開リハーサルが行われました。

この作品は、芸術監督・金森穣さんが

ワーグナー作曲の『愛の死』に着想を得て創作したもの。

18歳の時に初めて耳にし、大きく心を動かされて以来、

「自分もこの曲で作品を作りたい」と温め続けてきた曲だそうで、

金森さんはこの曲から受ける感動をそのまま舞台化することに挑んでいます。

「自身の演出振付家としてのターニングポイントになるであろう新作!」と

前評判も非常に高い作品です。

 

出演は、井関佐和子さんと吉﨑裕哉さんのふたり。

前半は男女のデュオ、後半は女性のソロが展開されます。

愛する喜びにあふれた、

うっとりするような場面があったかと思えば

胸が締め付けられるような苦しみや悲しみに満ちた場面も…。

 

宮前義之さん(ISSEY MIYAKE)による衣裳や、

シンプルな舞台を唯一彩る、舞台後方の大きな金色の幕にも注目!

 

はぁ…美しい舞台でした。

 

リハーサル後には、金森監督の囲み取材が行なわれました。

「この音楽は、自分にとってすごく感動を与えてくれるもの。それを用いて作られた舞台芸術を通して、皆さんが日頃あまり感じることのない感動をお届けしたい。最近感動していないな、という方はぜひ劇場に来ていただきたいです」。

 

今作品で井関さんのパートナーを務める吉﨑さんについては、

「身体的には非常に恵まれているけれど、まだ若いし、経験値としてはそこまで深くはない。そんな彼と、舞踊家として成熟した井関佐和子との愛のデュオを観たいと思ったんです。正直ここまでひとりの舞踊家にエネルギーや愛情を注いだことはありません。彼もそれに応えてくれていて、最初のころに比べるとかなり変化してきました。お客様の前に立つ時には、さらに違う彼を見せてもらいたいと思っています」。

 

同時上演されるレパートリー『Painted Desert』についても聞きました。

「ここのところずっと金森穣作品を上演してきたNoism1の舞踊家たちが、山田勇気という異なる振付家の作品を、どう自分のものにして踊りきるかというところが見どころだと思います。…実はほとんど観ていないんです。観ると、いろいろ言いたくなっちゃうから(笑)。一から十まで言ってしまう自分とは違う振付家と向き合うことで、彼ら自身が問われると思う。自分たちで、自分たち自身をどこまで高めていけるか、そこに期待しています」。

 

両作品とも、Noism史に残る作品になりそう!

その瞬間を、ぜひぜひぜひ会場で目の当たりにしてください。

もし公演を観に行こうかどうしようか迷っている人がいたら、

絶対絶対、観ることをおすすめします!

公演は5月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間、

りゅーとぴあ劇場で開催です。詳細はこちら

月岡温泉街にステキカフェがっ‼

2017 年 5 月 15 日 月曜日

美人の湯で有名な月岡温泉に

かわいいカフェがオープンしたとの情報をキャッチして

さっそく取材でお邪魔しました。

お名前は[コトリカフェ]。

佇まいからしてかわいらしい。

中に入ると、笑顔がステキなご夫婦がお迎えしてくれました。

看板メニューはフランスのマダムクリスの紅茶と手作りのスイーツ。

写真は『クワトロチーズケーキ』と『コトリブレンド』です。

ベイクドチーズと2種類のレアチーズ、クッキー生地の4層なんて

めちゃくちゃ手が込んでる。ブルーベリー風味でさっぱりと。

おいしいよ~( *´艸`)

そんな佐藤を横目にカメラマン・小柳、撮影頑張ってます。ファイト~!(笑)

お店の詳細は、月刊にいがた6月号にて。

温泉街のぶらり街歩きの際に立ち寄ってみてください。

それでは、ドロン。

 

佐藤

 

 

喰らえ!!ステーキ!!

2017 年 4 月 28 日 金曜日

暖かい日が続いて、なんとなく気持ちがハッピーですね~!

ふわふわした気持ちも落ち着き、さて、仕事頑張るぞ!

と張り切っている出版部新人の片岡です。

 

さて片岡、ドキドキしながらの初取材は

新潟大学五十嵐キャンパスわきにオープンした

「ステーキハウスPEACE」に行ってきました!

 

 

「喰らえ」

 

いいですねぇこのあっつあつな感じ!いい!!

 

 

 

 

 

さあ。いざ、ステーキとご対面。

 

「おぉ…」

カメラマンの風間は、よだれが垂れるのを我慢して

ひたすらにシャッターを切っていました。

 

PEACEカットステーキ

1200円+税で、サラダ、スープ、ライスが付いてくるんですが、

全てお代わり自由!!うれしい!!

スープは日替わりで、種類も様々。

おかわり用ライスはガーリックライス!!

こりゃ、おかわりしちゃうな~。

ほかにもハンバーグステーキや一品料理、

スイーツも有りますよ。

 

 

来店する方は

体育会系男子が多いかと思えば

意外にも女子大生が多いそう。

そりゃ男女関係なく、みんなお肉大好きですよね!

僕も好きです。

体調と財布が許せば、三食肉をがっつきたいです。

 

 

 

ちなみに店内は一部、こんな感じ。

素敵!! (ステーキだけに)

 

お昼休みにランチしたり

ステーキ食べつつワインで乾杯したり(最高)、

運動後にがっつりしたり。

 

何食べようかな?なんて思ったら、

気軽にステーキを食べに行ってください。

 

お店の詳しい情報は来月25日発売の月刊にいがた6月号、

タウンニュースをチェックしてくださいね!

 

 

 

 

さて、仕事終わり、ステーキ食べてこよ~っと。

 

片岡

レストランバス試乗しました!!

2017 年 4 月 5 日 水曜日

レストランバス2号目登場!!


2016年にレストランバスが走りだし、新潟の生産者とレストラン、
お客さん、そして新潟の風景を一体となり、
新潟らしさを堪能できるこのレストランバスに、
2台目が運行されます。そのお披露目会にお伺いしました。

このバスのテーマは「祭」で、
提灯のディスプレイやイラストも花火などがモチーフに。
運行は6月までの土・日曜と水曜の定期コース(6,480円から)。
また、アートミックスジャパンやゴールデンウィーク時など
11人の料理人が腕を奮うスペシャルコースも設定されている。
定員は各回23~25名、各々特徴あるコースなので、食も風景も、
コミュニケーションも楽しめるツアーです。

写真は、佐渡産黒豚のテリーヌに峰村醸造の
味噌をベースとしたソース掛けたもの。
また、シェフが自ら収穫した芽キャベツをのせた料理は、
ついお酒を飲みたくなる一品。
県内はもとより、県外や外国の人も利用できると好評のこのバス。
ぜひ利用してみて。詳しくは…。
http://travel.willer.co.jp/restaurantbus/

十日町火焔坦々麺

2017 年 4 月 4 日 火曜日

もう春ですね!
今年は花粉対策を早めに始めたので、
今のところそんなにつらくない日々を過ごしています。

さて次の月刊にいがた5月号は、みんな大好きラーメン特集です。

私からは十日町エリアのご当地グルメ「十日町火焔坦々麺」をご紹介します。

火焔型土器をイメージしたユニークな器だったり、妻有ポークを使っていたり…十日町の魅力が一杯にいっぱい詰まっていますよ!

おいしくてフォトジェニックな「十日町火焔担々麺」は

現在十日町市内の五店舗で提供しておりますので、

ぜひ誌面を見て食べに行ってみてくださいね~!

編集部/十日町火焔担々麺を制覇した高橋

いっすねー!山脇さんが編集部にやってきた

2017 年 4 月 3 日 月曜日

今日から新年度。

新生活が始まったという方も多いのではないでしょうか。

この春、編集部にも2人の若人(この書き方がすでに年配風)が入社。

そのうちブログにも登場してもらいますので、お楽しみに。

 

さて、そんな編集部にもうひとり、

フレッシュな風を吹き込んでくれた人が!

それが「いっすねー!山脇」さん。

この春からよしもとの

「新潟県住みます芸人」になったフレッシュさんです。

 

福岡県出身の31歳。

今年2月までザ☆忍者というコンビで活動していましたが

奥様が新潟県の方で、お子さんが産まれたのを機に

「新潟県住みます芸人」になったそう。

ジャニーズJr.にいそうな(?)イケメンで

ファッションが大好きなおしゃれさん。

それでいながら、書道が得意

(全日本高校・大学生書道展最高賞ほか受賞多数!)。

さらにさらに、よしもと若手芸人随一のギャガー(=ギャグ職人)!

どんだけ意外性があるんだ、いっすねー!山脇さん!!!

 

編集部では今後もいっすねー!山脇さんを応援していきたいと思います!

いっすねー!山脇さんのツイッターはこちら

 

「いっすねー!」ポーズでパチリ。いっすねー!山脇さん(右)&編集長

4月号は「食パン」特集!?

2017 年 3 月 24 日 金曜日

「!?」つけましたけど、ほんとですから。

 

3/25発売、ですが、すでに

書店、コンビニエンスストア店頭に並び始めております。

月刊にいがた4月号は「食パン」の特集です。

ええ、パンはパンでも「食パン」にスポットを当てた特集ですよ。

「食パンの特集!?」――編集部内でも

そしてパン屋さんからも(笑)言われました。

でも食パンって、白いご飯みたいに、

日本人にとっては日常の食卓に欠かせない食べ物ですよね。

同じように見えるかもしれないけど、作り方も味も食感も形も、

本当にパン屋さんそれぞれなんです。

 

↑ 山型食パンずらり。かわいー

 

↑ 加茂市民熱愛。パン工房chyoda cocollatte店(千代田ベーカリー)の食パン

 

ということで、県内の人気食パンを徹底取材。

自分好みの食パンを探しに出掛けたくなる、そんな特集になりました。

 

さて、今回ぜひ注目してほしい特別企画を実施します!

それが「パン屋さんに行って、

オリジナルドリップバッグコーヒーをもらおう!」です。

本誌付録(読者ハガキと同じ、厚紙のところに付いてます)のカードを切り取り、

↑ この状態にして

パン屋さんに持っていって、お店でパンを買うと、

ドリップバッグコーヒーを1つプレゼントさせていただきます。

↑ このなかからどれか1つがもらえます!

 

おいしいパンにはおいしいコーヒーが合いますからね~。

配布期間は明日3/25(土)から4/24(月)まで、

各店100袋がなくなり次第終了となります。お早めにどうぞ。

なお、カードは何回でも使えます!!!!!

この機会にいろんなお店に行ってみてくださいね。

 

そのほかにもお花見ガイドやBeauty Salon Guidebookなど

見どころたくさん。

ぜひお買い求めください!

1冊380円です。よろしくお願いしまーす

伝統会津ソースカツ丼の会の皆さんがやってきた

2017 年 3 月 6 日 月曜日

数日前になりますが、

「伝統会津ソースカツ丼の会」のみなさんが

編集部に来てくださいました!


↑ 超巨大(おふたりが持つと大きく見えませんが超巨大です!)な会津産雪下キャベツを持って、会長の中島さん(左/なかじま)と幹事長の内藤さん(右/白孔雀食堂)、編集部シモトリ

 

新潟県のお隣、福島県は会津若松市は

ソースカツ丼で有名な土地なのです。

ご存知でしたか???

ほかほかご飯にサクサクのキャベツを敷き

オリジナルソースを絡めた

揚げたてのカツをのせた「ソースかつ丼」。

ソースの味もカツの大きさもお店それぞれ。

個性豊かなかつ丼が味わえるのです。

↑ 珍しい、なかじまさんの「元祖煮込みソースカツ丼」


↑ 丼からはみ出す(!)、白孔雀食堂さんの「名物カツ丼」

 

そんな「伝統会津ソースカツ丼の会」のみなさんですが

今回は”新しいプロジェクト”をスタートさせる

というニュースを引っ提げて来てくださいました!

 

それが、会津産のオリジナル豚肉を作り上げ、

「究極の会津ソースカツ丼」を作るというもの!

 

これまでも、伝統会津ソースカツ丼には、お米、キャベツ、

地酒をたっぷり使ったオリジナルブレンドソースと

おいしい会津産の素材がたっぷり使われていましたが、

来年度から、

会津の酒蔵で生産された酒粕を飼料にして育てた

会津産のオリジナル豚肉をデビューさせ、

完全会津産のソースカツ丼を作ろうというのです!!!!

 

酒粕はたんぱく質やミネラル、乳酸菌などが豊富。

これを飼料に混ぜて与えることで

健康で、肉質がしまり、脂身の甘い豚肉になるそう。

 

「その際にはぜひ新潟からも

食べに来ていただきたいです!

会津はまだまだ東日本大震災の風評被害に悩まされています。

風評被害を払拭するためにも、

会津産のオリジナル豚肉を作り上げ

究極の会津ソースカツ丼を

たくさんの皆様に食べにきていただけるよう、

頑張っていきます!」と

会長の中島さんと幹事長の内藤さん。

 

「究極の会津ソースカツ丼」ができあがった暁には

絶対に絶対に、会津に足を運んで食べたいところですが、

今現在のソースカツ丼だって、もちろんおいしいです!

次の休日にでも、ドライブがてら

各店自慢のカツ丼をぜひ食べに行きましょう!

↑ その際にはこちらのMAPを入手すべし!!

 

編集部では引き続き、

伝統会津ソースカツ丼の会の皆さんの頑張り、

応援していきます!!!

伝統会津ソースカツ丼の会のサイトはこちら