‘月刊にいがた’ カテゴリーのアーカイブ

ばばんばばんばんば~ん

2016 年 12 月 15 日 木曜日

いい湯だな~あははん♪

なんて歌っちゃいたくなるくらい、温泉だらけの毎日を送った佐藤です。

12月25日発売の温泉特集号の取材でいろいろなところへ行ってまいりました~。

なかでも楽しかったのが、湯沢温泉街!

実際に街歩きしてきました~。

まずはその様子をどうぞ。

外湯巡りして~

射的に挑戦して~(写真はカメラマン・鈴木! ひよこちゃんゲットしたぜい☆)

足湯巡りして~

スキー神社にお参りして~

おいしいスイーツを食べました。

雪降ってたなぁ。冬だなぁ。

足湯のおかげで、街歩き中もぽっかぽか。

温泉パワーは偉大でございます。

もっともっといろんなお店にもお邪魔したので、本を見てみてくださいね。

佐藤

Noism2定期公演公開リハーサルに行ってきました

2016 年 12 月 8 日 木曜日
来週末、公演を開催する、
りゅーとぴあ専属舞踊団研修生カンパニー、Noism2。
先日行なわれた公開リハーサルにお邪魔してきました!
現在、メンバーは18歳から22歳までの8人。
9月に入団したばかりの新人さんと
3年目のベテランが混在しています。
公演は、Noism芸術監督・金森穣さんによる『火の鳥』と
Noism2専属振付家・山田勇気さんによる
新作『ETUDE』の2本立て。
今回の公開リハーサルでは
山田さん振付の『ETUDE』の前半部分が披露されました。
舞台上には1台のピアノ。
ピアノの音色にのせて作品は展開されます。
静と動のコントラストが印象的。
時々山田さんからの指示が飛びます。
タイトル『ETUDE』は練習曲という意味。
そのタイトル通り、
さまざまな振付のバリエーションが
組み合わせられた作品です。
「舞台の立ち方や、
踊りって何なのか、なぜ踊るのか――。
そういったことを投げかけて、
舞踊家たちからどんな表現が生まれるのか
というところがテーマになっています」と山田さん。
先ほど「静と動のコントラスト」と書きましたが、
実は舞台上では
止まっているように見えて動いていたり、
動いているように見えて動きを止めていたりするそう!
そんなところに注目して観ると
おもしろいかもしれません。
さらに山田さんは
「今回は完成度の高い作品と
新作のダブルビル(2本立て)です。
新しいNoism2のエネルギーを
感じられる公演になると思いますし、
観たら元気が出ると思います」と
見どころを語ってくれました。
『Noism2定期公演』は12/16(金)~18(日)、
りゅーとぴあスタジオBにて開催です、が、
前売り分はすでにチケットが完売!
…しかし、
12/17(土)13:30からの追加公演が決定しています!
入場料は1,500円です。
ご手配はお早めに!
公演・チケットについての詳細はこちら

(編集部に)クリスマスケーキの季節がやってきました

2016 年 11 月 7 日 月曜日

特集はお酒ですが
今年もクリスマスケーキのページがありますよ!
恒例のケーキプレゼントもありますので、お楽しみに♪

クリスマスケーキのプレゼント締め切りは毎年12月5日頃と早いので

ケーキを狙っている方は早めにご購入していただき、

即応募をお願いいたします!

クリスマスケーキの撮影後は、お店さんからケーキをありがたく頂戴することもありまして、

この時季の編集部はかなり早めのクリスマスケーキをいただけるのです。

私の今年初のクリスマスケーキは、ロレーヌさんのケーキ↓でした~♡

おいしい~♪ごちそうさまでした~!

編集部/いろいろなクリスマスケーキを食べられて幸せな高橋

10月号をお持ちの方、要チェックです!

2016 年 10 月 27 日 木曜日

月刊にいがた11月号が発売になりました。

巻頭特集は、みんな大好きラーメンです。
長岡のまちなかの話題をご紹介する特集もあります。
これからの時期お役立ちの忘新年会ガイドもあります。
ぜひぜひ、お買い求めくださいませ。
1冊380円で、県内書店様・コンビニエンスストア様で発売中です!


さて、今日はこの11月号ではなく、10月号についてのお知らせです。

10月号、お米の特集で、お茶碗に盛られたご飯の写真が表紙でした。
もう店頭には並んでいない月刊にいがた10月号ですが、
お手元にあるという方、ぜひ表紙をチェックしてみてください!!!

★あなたの10月号、具ののってない、白米の写真ではないですか?
(あ、ちなみに10月号は
白米/梅干し/明太子/辛子茄子の4パターンの表紙で発売しました)
★表紙上部にある「Gekkan Niigata」のロゴの「G」と「N」だけ
白くないですか?
(白米の写真がGとNのバックに入って、白くなっているのです。
ちなみにほかの文字はピンク色です)

上記にあてはまる表紙をお持ちの方、
その表紙を持ったあなたのお写真を
こちらのアドレス→ mitsuketa@joyfultown.jp
まで、メールにて送ってください!!!!


新潟市北区の「葛塚カントリー農場」さんがこだわりの農法で育てた、
おいしい新米コシヒカリ2kgをプレゼントいたします。

お友達やご家族にもお声がけくださいませ。
「あたしは梅干しだった」「おれんちは白米だけどロゴはピンクだ」など
多少は盛り上がれると思います(笑)。

こんなヘンテコ(?)な企画をこれからも考えていますので
ぜひご期待ください。

編集部シモトリでした!

ツアー会場にて「cast」大好評発売中!!

2016 年 10 月 19 日 水曜日
「Negicco Tour 2016 原点回帰」
ホールツアー「ホームでホール」
「ネギの産地でこんにちネギネギ」
各地でSold Out続出中!! のNegiccoですが、
ツアー初日の10月2日、秋葉区文化会館ホールの
ライヴリポートが10月25日発行の「月刊にいがた」に掲載されますよ!!


Meguちゃんが「cast」を手に持ちステージで
宣伝してくれたお蔭で、この日は勿論、各地で好評を博しております。
ありがたや。ありがたや。

秋葉区文化会館でのライヴ!!

物販のお姉さん、お兄さんも、
ありがとうございます。

桁違いの辛さ

2016 年 10 月 13 日 木曜日

次号の月刊にいがたは今年2回目の「ラーメン特集」です。
前回の特集とはまた違ったコンテンツをたくさん用意していますので楽しみにしていてください。その中から1つ「辛いラーメン」を紹介させていただきます。
まずは見附市にある「麺処 大昇」。ラー油が決め手で辛さの中にもうまみがある逸品。湯気がもうすでに辛い!!

次は長岡市にある「濱之家 古正寺店」。ハバネロスパイスが尋常じゃない辛さを生み出す。辛さというよりも痛さを感じる程です。

編集部/小柳

新品種米「新之助」先行販売スタート!

2016 年 10 月 7 日 金曜日
現在発売中の『月刊にいがた10月号』でも紹介している、
コシヒカリと並ぶ新潟のトップブランドとして開発された
新品種米『新之助』。
話題のこのお米が、県内では、新潟伊勢丹2Fの特設会場と、
地階の食料品で10月11日(火)まで先行販売されています。
一昨日、その「試験販売キックオフセレモニー」が
新潟伊勢丹で開催されました。
「ハレの日のお米」として格別感を表現した
パッケージデザインが目を引きます。
寺田新潟県副知事のあいさつに始まり、
テープカットもあるなど、実に華々しいセレモニーでした。
その後『新之助』で握ったおにぎりがふるまわれました。
もっちもちの弾力にまずは驚き!
粒が大きくしっかりとした食感です。
そして口に含んだとたんに広がる甘みと香り。
これはおいしい!
なお、価格は、2016年の新米5Kg(3,240円)、2kg(1,350円)。
お米だけでなく、
柿安ダイニングや料亭一〆、静香庵、慶楽など
人気料理店と新之助がコラボしたお弁当なども、
新潟伊勢丹地階の食料品売り場で販売されています。
ただし、数量限定なのでお早目に。
ちなみに、販売初日の一昨日は、開店前から新潟伊勢丹には行列が!
なんと昨日販売分として用意された700袋が
1時間半で完売したそうです!! スゴイ!!!
なお、10月11日(火)以降も、
お米は新潟伊勢丹地階食料品で販売予定とのことです。
詳細はこちら

月刊にいがた10月号の表紙のコト

2016 年 10 月 4 日 火曜日

月刊にいがた10月号「新潟の「米」大特集」、ご覧いただけましたか?

てか、新米食べました!?

毎年のことながら、うれしい瞬間ですよねぇ。

そして、やっぱり、本っっっっっ当においしい。

長い年月をかけて、手塩にかけて育ててくださった農家さんに感謝です。

さて、本日はねたばらし。

といっても、10月号の奥付(スタッフクレジットなどのあるページ)に

書いてあるんですがね。

10月号は4パターンの表紙で世に出回っております。

白飯

梅干し

明太子

辛子茄子

の4種類です。

実は、梅干し表紙はギリギリすべりこみセーフで採用されました。

というのも、私(いちお編集長)が梅干しが苦手だからです(笑)。

…が、スタッフのみんなからの「梅干しがないなんておかしい!」との声に負けました。

ちなみに、もちろん中身はまったく一緒です。ほんと、表紙だけ。

編集部の、ほんの遊び心だと思ってください。

そしてお店で見かけるたび、「このお店にあるのはどの表紙だ!?」と気にしてください。

結構楽しいです(笑)。

今後もこんな遊びをいろいろ取り入れていけたらなぁと思ってますので

期待していてくださいね。

なお、月刊にいがた10月号は県内書店、コンビニエンスストアで好評発売中です。

1冊380円です。

全表紙コンプリートしても1520円! 安いのか高いのか…。

なにはともあれ、お米大好き新潟のみなさんにぜひご覧いただきたい!入魂の特集です。

ぜひお買い求めくださいませ。

編集部シモトリでした。

ご飯とご飯のおともを撮りました。

2016 年 9 月 12 日 月曜日

先日のお話しで恐縮ですが、
お米特集のとある誌面のために
ご飯とさまざまなご飯のおともを撮りました~♪

魚卵、漬物、しぐれ煮、梅干しなどなど
どれもおいしそうで、
食べたーい!と話しながらの撮影でした。

撮影後、それぞれちょっとずつ、
いただきましたよ~おいしかったな~!!

パンというか小麦派ですが、
食べ飽きないし、いろいろな味のおともがある
ご飯っていいですね

編集部/最近自宅の冷蔵庫が豊作な高橋

自分たちが表紙になった「月刊にいがた」を作りませんか?(無料イベント) 完成した雑誌を手にすると結構、感動しますよ!

2016 年 9 月 9 日 金曜日
家族や友人たちと写った写真を表紙にした「月刊にいがた」作ってみませんか?
そんな世界で一つ、オンリーワンの雑誌が無料で作ってもらえるのが『思い出づくり撮影会』。
第一回撮影会は本誌8月号で実施しました。
本来はこんな表紙でしたが↓
それがこんな感じになるんです↓
完成した本を手にすると感動モノで、
参加した方からは、「もう一冊欲しい」なんて声も。
ありがたいものです。
第2回は9月22日(祝)、ケイバッカ新津本店で実施しますが
おかげさまで午前の部は埋まりました。
家族や友達同士など、ぜひ気軽にご参加ください。
ケイバッカさんが会場なので気軽な雰囲気ですよ。
【詳しい内容と申し込みはこちら】
※事前予約優先イベントです。予約した方が待ち時間なく撮影できます。また、先着50組限定のため、それを越えると参加できませんので、あらかじめご了承ください。