2017 年 4 月 のアーカイブ

喰らえ!!ステーキ!!

2017 年 4 月 28 日 金曜日

暖かい日が続いて、なんとなく気持ちがハッピーですね~!

ふわふわした気持ちも落ち着き、さて、仕事頑張るぞ!

と張り切っている出版部新人の片岡です。

 

さて片岡、ドキドキしながらの初取材は

新潟大学五十嵐キャンパスわきにオープンした

「ステーキハウスPEACE」に行ってきました!

 

 

「喰らえ」

 

いいですねぇこのあっつあつな感じ!いい!!

 

 

 

 

 

さあ。いざ、ステーキとご対面。

 

「おぉ…」

カメラマンの風間は、よだれが垂れるのを我慢して

ひたすらにシャッターを切っていました。

 

PEACEカットステーキ

1200円+税で、サラダ、スープ、ライスが付いてくるんですが、

全てお代わり自由!!うれしい!!

スープは日替わりで、種類も様々。

おかわり用ライスはガーリックライス!!

こりゃ、おかわりしちゃうな~。

ほかにもハンバーグステーキや一品料理、

スイーツも有りますよ。

 

 

来店する方は

体育会系男子が多いかと思えば

意外にも女子大生が多いそう。

そりゃ男女関係なく、みんなお肉大好きですよね!

僕も好きです。

体調と財布が許せば、三食肉をがっつきたいです。

 

 

 

ちなみに店内は一部、こんな感じ。

素敵!! (ステーキだけに)

 

お昼休みにランチしたり

ステーキ食べつつワインで乾杯したり(最高)、

運動後にがっつりしたり。

 

何食べようかな?なんて思ったら、

気軽にステーキを食べに行ってください。

 

お店の詳しい情報は来月25日発売の月刊にいがた6月号、

タウンニュースをチェックしてくださいね!

 

 

 

 

さて、仕事終わり、ステーキ食べてこよ~っと。

 

片岡

おしゃれで、おいしくて、実家のおばあちゃん家みたいなカフェ

2017 年 4 月 13 日 木曜日

おつかれさまです。

へいしゃでは、どとうのしめきりさぎょうなうです。

めっちゃ肩こってます…うわぁ…癒されたいぞ…。

静かなカフェとか行って、本でも読みながら、の~~~~んびり過ごしたい…。

純喫茶とか、古風でおしゃれなカフェが大好きなので、そんなカフェがいいなあ。

古風でおしゃれといえば、上越にステキなカフェが誕生しました。

 

その名も、「町家Cafe Re:イエ」さん。

雁木通りにある昔ながらの建物をリノベーションしているんですって

内装業に携わっているオーナーの打田さんがすべてリノベーションしたのだとか。(ちなみに、打田さん超イケメンです)

入ってすぐ、素敵な予感しかしません。

お店の奥。

素敵すぎるやないかい。

たまらん。このレトロな佇まい。カフェに畳て…畳て!テンションあがりますがな!!

ちゃぶ台まであるじゃないですか~~!(歓喜)

おしゃれなのに、実家のおばあちゃん家のような安心感。

これ、みんな長居しちゃいますよ。大丈夫ですか。

コーヒーは、東京の堀口珈琲から取り寄せる鮮度の高い豆を使っています。

『ブレンド シティロースト』は400円。近くの「八百屋の土田」さんから仕入れる、身体にやさしい食材を使ったケーキもあるんです。

 

この締め切りを乗り切って、実家に帰るときは絶対に行こうと思ってます。

ほんとは教えたくないくらい気に入ってしまったんですけど、5月号(ラーメン特集ですよ)のタウンニュースにも載るし、宣伝しちゃいます。(みんな大好き、ラーメン特集やりますからね)

みなさんもぜひ、の~~~んびりしに行ってみてください。

 

高崎

 

レストランバス試乗しました!!

2017 年 4 月 5 日 水曜日

レストランバス2号目登場!!


2016年にレストランバスが走りだし、新潟の生産者とレストラン、
お客さん、そして新潟の風景を一体となり、
新潟らしさを堪能できるこのレストランバスに、
2台目が運行されます。そのお披露目会にお伺いしました。

このバスのテーマは「祭」で、
提灯のディスプレイやイラストも花火などがモチーフに。
運行は6月までの土・日曜と水曜の定期コース(6,480円から)。
また、アートミックスジャパンやゴールデンウィーク時など
11人の料理人が腕を奮うスペシャルコースも設定されている。
定員は各回23~25名、各々特徴あるコースなので、食も風景も、
コミュニケーションも楽しめるツアーです。

写真は、佐渡産黒豚のテリーヌに峰村醸造の
味噌をベースとしたソース掛けたもの。
また、シェフが自ら収穫した芽キャベツをのせた料理は、
ついお酒を飲みたくなる一品。
県内はもとより、県外や外国の人も利用できると好評のこのバス。
ぜひ利用してみて。詳しくは…。
http://travel.willer.co.jp/restaurantbus/

十日町火焔坦々麺

2017 年 4 月 4 日 火曜日

もう春ですね!
今年は花粉対策を早めに始めたので、
今のところそんなにつらくない日々を過ごしています。

さて次の月刊にいがた5月号は、みんな大好きラーメン特集です。

私からは十日町エリアのご当地グルメ「十日町火焔坦々麺」をご紹介します。

火焔型土器をイメージしたユニークな器だったり、妻有ポークを使っていたり…十日町の魅力が一杯にいっぱい詰まっていますよ!

おいしくてフォトジェニックな「十日町火焔担々麺」は

現在十日町市内の五店舗で提供しておりますので、

ぜひ誌面を見て食べに行ってみてくださいね~!

編集部/十日町火焔担々麺を制覇した高橋

いっすねー!山脇さんが編集部にやってきた

2017 年 4 月 3 日 月曜日

今日から新年度。

新生活が始まったという方も多いのではないでしょうか。

この春、編集部にも2人の若人(この書き方がすでに年配風)が入社。

そのうちブログにも登場してもらいますので、お楽しみに。

 

さて、そんな編集部にもうひとり、

フレッシュな風を吹き込んでくれた人が!

それが「いっすねー!山脇」さん。

この春からよしもとの

「新潟県住みます芸人」になったフレッシュさんです。

 

福岡県出身の31歳。

今年2月までザ☆忍者というコンビで活動していましたが

奥様が新潟県の方で、お子さんが産まれたのを機に

「新潟県住みます芸人」になったそう。

ジャニーズJr.にいそうな(?)イケメンで

ファッションが大好きなおしゃれさん。

それでいながら、書道が得意

(全日本高校・大学生書道展最高賞ほか受賞多数!)。

さらにさらに、よしもと若手芸人随一のギャガー(=ギャグ職人)!

どんだけ意外性があるんだ、いっすねー!山脇さん!!!

 

編集部では今後もいっすねー!山脇さんを応援していきたいと思います!

いっすねー!山脇さんのツイッターはこちら

 

「いっすねー!」ポーズでパチリ。いっすねー!山脇さん(右)&編集長