2017 年 11 月 のアーカイブ

JA全農にいがたの大収穫祭におじゃましてきました

2017 年 11 月 30 日 木曜日

11月26日にANAクラウンプラザホテル新潟で行なわれた、

JA全農にいがたの大収穫祭におじゃましてきました。

会場には県内各地のJAから集められた、新潟産のおいしい野菜や果物、新米などが展示され、とても賑やか。

そして、この大収穫祭の最大の目玉は、これらの新潟県産食材を使ったコース料理が味わえるところ! 新鮮な新潟産のお米、野菜、お肉、果物を使い、プロの料理人が作り提供されるメニューは、もう「うまい!」のひと言。

県内各JAの生産者のみなさんも来場されていて、その声も聞くことができたので

作り手のみなさんの思いを感じながら、本物の「メイド・イン・新潟」のコース料理を味わうことができました。

ちなみに、上写真の『お米のミルクを使ったきのこのスープ』は

JA全農にいがたがプロデュースする新潟駅南口のカフェ&グリル

「みのりみのる」で12月30日まで提供中。

村上産のやわ肌ねぎと、南魚沼産の八色しいたけのうまみが凝縮され、身体があたたまるスープをぜひ、味わいに出かけてくださいね♪

編集部・風間

12月号はクリスマス特集と新潟ブランド特集の2本立て!お得!

2017 年 11 月 27 日 月曜日

月刊にいがた12月号が発売されました!!

 

12月号の表紙がこちら。

懲りずに4パターン作りました。

違い、分かりますかね~(笑)。ちなみに私は「濃赤」でした。

 

表紙からもお分かりのように、クリスマス大特集です。

今年のクリスマスって、1度きりです。そりゃそうなんですけど。

隣にいる大好きな人や大切な家族、仲間と過ごすクリスマス。

あと何度楽しめるんでしょう?

と考えると、普通の1日として過ごすのはもったいないと思いませんか?

まちを彩るイルミネーション、おしゃれして出かけたいクリスマスディナー、

大切な人にあげたいクリスマスギフト、

おうちパーティに欠かせないテイクアウトグルメ、そしてクリスマスケーキ。

今年のクリスマスを楽しく過ごすための情報盛りだくさんでお届けします。

注目は、人気洋菓子店が特別に作ってくださったスペシャルクリスマスケーキ

んもう、すんごいのがいっぱいです。

たとえばこんなの。

 

↑新潟市東区・アンレミュー本店さん

 

 

↑新潟市西区・ガトーシェフ三昧堂さん

 

すてき! おいしそう!

掲載ケーキは、月刊にいがたを買わないと予約できません。

限定台数も限られています! 早めに本誌を入手のうえ、ご予約くださいね。

 

クリスマス特集に加え、

月刊にいがた12月号ではもうひとつ特集を展開しています。

『新潟ブランド特集」です。

新潟には、他地域、全国に誇るべき

素晴らしい地域ブランドがたくさん存在します。

いま知っておきたい新潟の地域ブランドの最新情報から、

佐渡寒ブリやル レクチエなどの旬の「にいがたフード・ブランド」、

人気レギュラーページ『新潟ブランド大図鑑』全76回一挙出しまで

こちらも内容盛りだくさんでお届けいたします。

 

ということで、いつも以上に見ごたえのある(自負)月刊にいがた12月号。

ぜひお手にとってご覧くださいね。

県内書店様、コンビニエンスストア様で、380円で発売中です。

ラスト3試合にすべてをかける――。呂比須ワグナー・アルビレックス新潟監督インタビュー

2017 年 11 月 16 日 木曜日

今シーズンのJ1リーグもいよいよ残り3試合。

アルビレックス新潟は現在最下位。

18日(土)には、新潟と同じく、

残留にむけて死闘を演じている甲府との直接対決が控えている。

まさに崖っぷちに立たされた10月の3連戦。

アルビは見違えるようなサッサーを見せて、2勝1分、無敗で乗り切った。

しかし、絶対に勝たなければいけない戦いが

続く、厳しすぎる状況に変わりはない。

そんな折に、新潟を指揮する

呂比須ワグナー監督への直接インタビューを行なった。

結果が出ないことへの責任感。

そして背水の陣に追い込まれてからの3連戦無敗。

チームにはどんな変化が起きていたのか。

選手、そして監督本人は何を思っていたのか――。

(インタビュー:FM PORT 松村道子)

松村9月30日の第28節、神戸戦後、結果が出ないことへの責任について口にされていましたが、その後の10月の3連戦では2勝1分で無敗でした。チームの変化を監督はどう感じていますか?

呂比須:選手は以前から絶えず必死に戦ってくれています。自分に関して言えば、就任から約半年でようやく自分が思うチームの形にできたと思いますが、時間がかかってしまいました。ホームで久しぶりの勝利を挙げた第31節の鳥栖戦後、泣いているサポーターの姿に「どうしてもっと早く、この感動を与えてあげられなかったんだろう」と思いました。きっと選手も同じ思いだったのだと思います。負けられない状況で、選手、スタッフ、サポーター、チームに関わるすべての人が一丸になって戦おうという気持ちがとても強くなっていると感じました。

松村:(1-0で勝利した)鳥栖戦後、喜ぶサポーターや選手の一方で、まったく表情を変えない呂比須監督が印象的でした。
呂比須:勝ちはしましたが依然として厳しい状況であることは変わりません。(得失点差のことを考えて)リスクマネジメントをしながら、2点目をとることはできなかったのか…とも考えていました。次も、その次も勝利が絶対条件なので、残留を果たすまでガッツポーズはできません。
松村:これまで結果がなかなか出ず、苦しい戦いが続きました。その間、選手たちはどんな雰囲気でしたか?
呂比須:正直、とても重苦しいものでした。結果が出ないことの責任は監督である自分にあるのですが、選手たちも責任を感じてしまっていて。「なんとか、サポートしてあげたい」と胸が苦しかったです。それでも選手は、チームの規律を乱さず、常に前を向いて普段の練習や試合で全力を尽くしてくれていました。選手には心から感謝しています。
松村:勝たなければ降格、まさに背水の陣に追い込まれてから、怒涛の粘りを見せる新潟の戦いに、全国のサッカーファンも驚いていると思います。
呂比須:選手やスタッフの力だけでなく、サポーターの声援が毎試合、僕たちを後押ししてくれています。ホームのみならずアウェイゲームにも来てくれて、お金を払ってチケットを買ってくれて応援してくれることには、感謝してもしきれません。良い結果がでない状況下のある日、街に外出した時に、小さい子に「監督、応援しています」と声をかけていただいたんです。涙が出るほどうれしかったです。応援してくれる方々に感動を与えたいと思っています。
村:監督は常々、「自分の内側から強さや力を引き出さなければ」とおっしゃっていますが、それを今、まさに選手たちは体現できていると思います。
呂比須:選手たちがプライドをかけて戦ってくれています。人間なのでもちろんミスをすることもあるし、調子の良し悪しの波もおあります。そんなときこそ、クラブ関係者やサポーターの声援を力に変える、調子が悪い時に、調子が良い時のイメージを思い出して調子を上向きにする、その力が必要だと思います。
松村:ここ数試合でようやく自分が考えるチームの形になってきたとおっしゃっていましたが、来年もこのチームで監督をやりたいと感じていますか?
呂比須:もちろんです。まだ新潟に来て半年ですが、とても温かいサポーターに支えられている新潟が大好きになりました。もちろん、クラブなりの将来のビジョンがあると思います。もし必要とされる、チャンスがあるならばぜひチャレンジし続けたいです。
 松村:最後の最後まで戦う姿に期待しています。
 呂比須:残り試合、すべて勝つのはもちろんですが、目の前にある試合、目の前にいる相手、試合での1対1、その瞬間にできることを尽くしていきます。僕たちと、サポーター、すべての力を結集させて戦いましょう!応援よろしくお願いいたします!
【アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府】
●11月18日(土) 14:00キックオフ
会場:デンカビッグスワンスタジアム

新潟開港150周年 Nii Port 知ってますか?

2017 年 11 月 13 日 月曜日

わたくし、先程

新潟市役所から戻ってまいりました
何からといえば、タイトルにもある『新潟開港150周年 Nii Port』記者会見
新潟開港150周年記念事業のスペシャルクルーのメンバーとして
キャプテンの小林幸子さんをはじめ、
弊誌でも連載をしていただいているNegiccoさんたちも登場!

メインイベントを予定している2019年に向けて予定されている
さまざまな事業の紹介が行われました

その中でも、来年6月までの「機運醸成期間」には
Negiccoさんたちがデザインしたラッピングバスも走る予定なんだとか
(経費はクラウドファンディングで賄うという、イマドキ感)

なにやら楽しいことが続々行われそうな
『新潟開港150周年 Nii Port』

お正月にはラスボス
もとい、
スペシャルクルーキャプテンの小林幸子さんによる
テレビやラジオのCMも放映されるとか

 

『新潟開港150周年 Nii Port』

注目していきましょ〜

 

ホでした

月刊にいがたとパスマガジンのInstagramができました!

2017 年 11 月 2 日 木曜日

こんばんは!

皆さま、インスタグラムはご存知です?よね?

 

 

 

 

 

 

 

お待たせいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、

月刊にいがたとパスマガジンの

インスタグラムが開設しました!

 

 

こんな感じ。

 

オレンジ色のアイコンが目印

 

 

 

 

現在制作中の

次号の告知

だったり、

 

 

 

 

 

現在発売中の

内容のチラ見せ!

 

 

 

 

 

 

皆さま、

@gekkanniigata

(↑クリックで、インスタグラムをチェックできます)

フォローお願いいたします!