Noism2定期公演公開リハーサルに行ってきました

来週末、公演を開催する、
りゅーとぴあ専属舞踊団研修生カンパニー、Noism2。
先日行なわれた公開リハーサルにお邪魔してきました!
現在、メンバーは18歳から22歳までの8人。
9月に入団したばかりの新人さんと
3年目のベテランが混在しています。
公演は、Noism芸術監督・金森穣さんによる『火の鳥』と
Noism2専属振付家・山田勇気さんによる
新作『ETUDE』の2本立て。
今回の公開リハーサルでは
山田さん振付の『ETUDE』の前半部分が披露されました。
舞台上には1台のピアノ。
ピアノの音色にのせて作品は展開されます。
静と動のコントラストが印象的。
時々山田さんからの指示が飛びます。
タイトル『ETUDE』は練習曲という意味。
そのタイトル通り、
さまざまな振付のバリエーションが
組み合わせられた作品です。
「舞台の立ち方や、
踊りって何なのか、なぜ踊るのか――。
そういったことを投げかけて、
舞踊家たちからどんな表現が生まれるのか
というところがテーマになっています」と山田さん。
先ほど「静と動のコントラスト」と書きましたが、
実は舞台上では
止まっているように見えて動いていたり、
動いているように見えて動きを止めていたりするそう!
そんなところに注目して観ると
おもしろいかもしれません。
さらに山田さんは
「今回は完成度の高い作品と
新作のダブルビル(2本立て)です。
新しいNoism2のエネルギーを
感じられる公演になると思いますし、
観たら元気が出ると思います」と
見どころを語ってくれました。
『Noism2定期公演』は12/16(金)~18(日)、
りゅーとぴあスタジオBにて開催です、が、
前売り分はすでにチケットが完売!
…しかし、
12/17(土)13:30からの追加公演が決定しています!
入場料は1,500円です。
ご手配はお早めに!
公演・チケットについての詳細はこちら

コメントは受け付けていません。