ブリカツ君と巡る! 佐渡のうんめえ魚を食べるっちゃー!

こんにちは、編集部の佐藤です。
発売したばかりの、月刊にいがた11月号。
もう書店さんやコンビニで見かけた方もいるかな?

ちなみに表紙はこちら!

佐渡の人気キャラ・ブリカツくんがドーンとお出まし!

今回の巻頭特集は「新潟の魚」をテーマにしているということで、

陸上での活動もできるしトークもできる、

高スペックな新潟の魚ということで彼にご登場頂きました!

特集内では、両津漁港近くの飲食店を案内してくれたブリカツくん。

 

 

トップバッターの、いしはら寿司さんでは「うまいの~」や「たまらんちゃ!」とお寿司や海鮮丼をパクパク。イカは海にいた頃からの大好物だったそうです。

[いしはら寿司]佐渡市両津夷184 tel:0259-27-2658

 

 

お次は長三郎鮨さんへ。ノドグロの炙りや、マグロの大トロの塊を見せながらの解説など大将のカウンター越しのパフォーマンスの数々に「へ~!」が止まらない!

個人的には、長三郎鮨さんにて『佐渡天然ブリカツ丼』を頬張りながら

「共食いじゃ」と言い放った彼の横顔は忘れられそうにありません(笑)

  

[長三郎鮨]佐渡市新穂81-4 tel:0259-22-2125

 

そして、りんか亭さんではノリのいいスタッフさんたちとワイワイ撮影会。カウンターに座り、地元酒蔵・加藤酒造様の「金鶴」とのステキなショットも。「飲んで~飲で~飲まれて~飲んで~」と河島英五 を熱唱する姿は哀愁漂っていました。海鮮丼おいしかった~

[りんか亭]佐渡市両津夷261-154・2F tel:0259-67-7689

 

ラストは天國さん!

時刻は夕方17時。撮影した焼き魚や天ぷらの盛り合わせを食べながら、「酒がほしいっちゃ」と本音がダダ漏れ。佐藤もカメラマンも同じ気持ちでしたよ…(笑)

[天國]佐渡市両津湊206 tel:0259-23-2714

 

今回の取材中、街を歩けば注目を浴び、お店の方には「ブリカツくん(の中の人!?)は、どこ出身なの?」と際どい質問を浴びる彼の様子に、愛されてるな~と強く実感!

ブリカツくん、ご協力ありがとうございました!

そんな魚特集では、ほかにも村上の鮭やブランド養殖魚、魚料理が自慢のいろんなお店、加工品、イベントなどなど内容盛りだくさん。さらには、県内の人気居酒屋さんに期間限定の『お魚晩酌セット』という特別メニューを用意していただきました。これは、お得~★

今年の秋と冬は、新潟のおいしい魚をいっぱい食べよう~!

編集部・佐藤

 

コメントは受け付けていません。