新潟市若手料理人コンテスト 2018

本選実技・実食審査進出者
6名決定!!

グランプリ
“潟シェフ2018”に
輝くのは誰だ!?

新潟市の食や食文化の魅力を発信する「伝え手」となる料理人を発掘することを目的とし、
35歳以下の若手料理人をターゲットとした、
新潟市主催「新潟市若手料理人コンテスト2018」の開催が発表されたのが今年7月。
「メインに新潟市産食材を使用すること」を
料理テーマに掲げ、エントリーを募ったところ、
総勢49名の若手料理人の精鋭達から
応募をいただきました。
料理のアイデア、料理人としての
アイデンティティなど、どの料理人も、
真剣かつ真摯に、
このコンテストに挑んでくれました。
改めて御礼申し上げます。

さて、そんな49名の若手料理人に対し、
審査員7名+隣県5県の
グルメ系担当情報誌編集者5名
=計12名の審査員に、
8項目各5点=40点の審査を頂き、
その合計点上位6名の方を、
本選実技・実食審査進出者として選出致しました。

本選実技・実食審査は11月28日(水)に
新潟市食育・花育センター 調理実習室で
開催され、
グランプリ“潟シェフ2018”1名、
準グランプリ1名、
ウェブ&ハガキ応募一般人気投票による1位1名が決定します。

本誌では、本選実技・実食審査進出者6名のプロフィールとエントリーメニューをご紹介します。
実力派揃いの6名──若手料理人の顔ぶれと料理に対する思いを
とくとご覧あれ!!

新潟市若手料理人コンテスト2018

本戦実技・実食審査進出者6名の人気投票を行います!!

「この人の料理を食べたい」という料理人を、ひとり選んで下さい。
※本選調理順 ※クリックでインタビューページにジャンプします。

ご応募頂いた方全員の中から抽選でペア25組50名様に、
「グランプリ“潟シェフ2018”料理実食券」をプレゼントします。

応募期間:1025日(木)〜1120日(火)23:59まで
※同一住所、同一氏名の複数のご応募は無効と致します。ご了承下さい。

  • 応募フォームはこちら
  • はがきでの応募はこちら

審査委員長

  • 奥田政行 氏

    奥田政行 氏

審査員

  • 今井卓 氏

    今井卓 氏

  • 行形和滋 氏

    行形和滋 氏

  • 川上啓介 氏

    川上啓介 氏

  • 高塚俊郎 氏

    高塚俊郎 氏

  • 村山和恵 氏

    村山和恵 氏

  • 中野好夫 氏

    中野好夫 氏

コンテスト概要

本選審査

1128日(水)
本選実技・実食審査※一般の方の閲覧はできません
※調理サポート2名可

各賞

グランプリ グランプリ(潟シェフ2018)1名
賞金30万円(受賞者15万円/所属店舗15万円)

準グランプリ 準グランプリ 1名
賞金10万円(受賞者5万円/所属店舗5万円)

本選 本選に進んだ6名の中から選ぶ
WEB&ハガキ応募一般人気投票1位1名に賞金5万円

審査委員

審査委員長 奥田政行氏(山形県鶴岡市アル・ケッチァーノ オーナーシェフ)

審査員 今井卓氏(欧州ぶどう栽培研究所代表取締役社長)、行形和滋氏(行形亭代表取締役)、
川上啓介氏(ルーテシアオーナーシェフ)、高塚俊郎氏(タカツカ農園代表)
村山和恵氏(日本酒学講師)、中野好夫氏(ホテル日航新潟 中国料理桃李料理長)

応募方法

【公式webサイトによる応募】

応募フォームはこちら

こちらをクリック。
応募フォームが開きます。
※応募フォームに従いご応募ください。

【はがきによる応募】

●表面:

〒951-8544 新潟市中央区白山浦1-613
(株)ジョイフルタウン内「新潟市若手料理人コンテスト2018事務局 人気投票」宛

●裏面:

「この人の料理を食べたい」という料理人を、ひとり選んで下さい。
記入例:No.1 新潟太郎 住所、氏名、年齢、電話番号(携帯可)を明記して下さい。